定期借地権について

17年03月05日

未分類

定期借地権について はコメントを受け付けていません。


賃借人の権利が強く、土地の有効利用が滞ったことから、借地借家法は改定されました。その中でも、土地の有効利用のために作られたのが定期借地権です。契約期間は最低50年以上と定められ、借地借家法による更新が適用されない、建物の建て替えによる期間延長が適用されない、そして建物の買い取り請求権が適用されないという3つの特約を含んでいます。契約書は公正証書などによる書面で作成しなければ認められません。

実際にマイホームを購入した場合の例を挙げると、定期借地権の物件を購入した場合、一戸建ての場合分譲価格の60%、マンション場合だと分譲価格の80%で購入できると言われています。一戸建ての物件で考えれば、4,000万円の物件が2,400万円で購入できるのでかなりのお得と言えます。分譲を求める方は、やはり土地も所有したいと思うのでしょう。しかし、生活スタイルが変わり、核家族化が進み3世代がともに暮らすことが少なくなりました。家を継ぐ習慣も少なくなった現在、土地の所有はこだわらなくてもよいのではないでしょうか。実際に1,600万円安く購入することができれば、老後のセカンドライフの過ごし方も変わります。セカンドライフの充実も考え、検討してみてもよいのかもしれません。

人それぞれ考え方は違います。家を残したい方、残さず次のステップを楽しみたい方などです。しかし、実際定期借地権の物件が手に入れやすいのも事実です。今後、マイホーム購入を考えている方は、借地権の物件も候補に入れてみてはいかがでしょうか。